一期一会


by tadanori_yamasita
カレンダー

<   2006年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

良いお年を!!

12/30<土>
昨日は 今12月一番の寒さ…終日炬燵で読書

今日は 陽射しもやわらかく この時期絶好の掃除日和
朝から気休め程度だが体を動かし掃除の真似ごとをする
今日中に朝倉行きの支度もしなければ

明日の昼頃には息子家族の一員として新年を迎える態勢
そんな私は 何という幸せ者だろう 
今日という日に感謝!感謝!!である。

皆様もよいお年をお迎えください。ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2006-12-30 12:30

喜怒哀楽!

12/28<木>
午前中に T病院で精密検査結果を聞く
ヘモクロビンの数値が基準値を越えたことから 薬が一つ増える
気楽な生活と運動不足のツケが加齢と共にきたのだろう
血圧+糖尿で一病から二病に…薬のお世話になるとは残念至極
健康で長生きする事は至難の業だ

«細やかな食生活や冬場の運動が出来ないならば
薬に頼るしかない»
と高校後輩のドクターに諌められる始末……
参った 参ったである
なにはともあれ 当分は薬を飲んで模様を見ようとの結論となる

昨夕 朝倉の孫から“ジイちゃん いつ来るの?”の嬉しい電話
今年も 寝正月とは無縁な楽しい年明けが迎えられそうだ!
大晦日に国道200号線(繊飯塚経由冷水峠越え)での筑後行き
には 今から胸弾む。ψ

[PR]
by tadanori_yamasita | 2006-12-28 14:35

もう 幾つ寝ると…。

12/27<水>
今朝は 意外に温かい
午前中は 町内の「年長者憩いの家」の大掃除に赴く
自宅の掃除は侭ならぬも 役目柄共同作業にズルは出来ない
生活のけじめの一つとして今日も自主参加する

明日は 先日の精密検査結果を聞く為に病院へ

今年も 後が残り少なくなった
生活圏内の煤払いもマイペース 一日一日のつれづれを大切に
して行こう。 ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2006-12-27 14:38

私のクリスマス !

12/25<月>
今日は 今年最後のGG練習日だが病院の精密検査日と重なる
病院を優先して肺炎球菌ワクチンの接種も行う
5年間有効とのことらしいが命の保障と勘違いしそうだ
自分自身 一段の摂生を肝に命じる

午後は 年賀状作成の仕上げをする
プリンターのトラブルも解消したので懸案も一件落着

明日からは のんびりと家のすす払いでもするとしょう
こうして 私の一年も暮れてゆく。  ψ

[PR]
by tadanori_yamasita | 2006-12-25 15:00

喧騒の中で!

12/23<土>
午後から小倉 のシアターT・ジョイへ
山田洋次監督の映画「武士の一分」をK君と観る
昨日のTV映画「たそがれ清兵衛」の主人公と同じ次元の人間像に 今日も共感と感動で涙した
原作;藤沢周平と山田洋次監督の組み合わせの映画は 特に私達の視覚を揺する

帰り道 居酒屋「Y」での批評会も何ら意見の対立もない
時代遅れ同士 お互いの傷のなめ合いは今日も延々と続いた
 
クリスマスのイブイブ シャンデリアの点滅で冬空の三日月も 今日は目立たない。ψ
d0020686_20143543.jpgd0020686_2020202.jpg
[PR]
by tadanori_yamasita | 2006-12-23 20:10 | 映画

落とし穴から脱出 !

12/22<金>
今日は暦の上の冬至
外は冬晴れ‥内は 昨日今日と暗雲垂れ込む
年賀状の住所印刷を始めるも一年振りの宛名職人ソフトの操作
どこかで手順を間違えたのかパソコンとプリンターの連動が
不具合
となる…最初はインクジェット写真用葉書の給紙が
スムースにいかないことから始まった
頭の中はは真っ白!
印刷ミスや 繰り返し試行錯誤を重ねる内にやっと解決の糸口を見付けるも今日は時間切れ
頭を冷やして後日に再挑戦することにした
いまさら インクジェットの葉書に手書きは出来ない
頑張り過ぎない・・・でもあきらめないを信条に!!

気分転換!!! 今夜はTV映画「たそがれ清兵衛」
明日はK君と映画「武士の一分」を観ることを約束ずみ。 ψ

[PR]
by tadanori_yamasita | 2006-12-22 21:00

命の洗濯 !

12/20<水>
昨日今日と、今年最後と思われる小春日和に恵まれる
昨日午後は映画『硫黄島からの手紙』を観る
前々から映画を観る時は誘ってくれと言っていた高校同期S君にKが電話連絡
三人で小倉T・ジョイ・シアターで落ち合った

S君『武士の一分』はご夫妻で鑑賞ずみなので……
クリント・イーストウッド監督(米)渡辺謙主演 全編日本語の映画を観る
1944年硫黄島の歴史的事実をリアルに描きその戦争映像の
悲惨さは目を覆うばかり
一時代を共有して 今生きてある人間としての宿命を感じ
命の有難さに涙
する一幕もある

帰り道 魚町繁華街の居酒屋 「M」でいつものとうり老いの
繰り言に花が咲く
気が付けば7時前…K君と「武士の一分」の鑑賞を約束しながら
余韻を残して近くのバス停で散会する。 ψd0020686_11293341.jpgd0020686_1555910.jpg
[PR]
by tadanori_yamasita | 2006-12-20 11:20 | 映画

今年最後の授業!

12/18<月>
学舎」今年最後の登校日
午前中: 楽しいクッキング ⑧
※本日のメニュー
Ⅰ)鯛の変わり揚げ
Ⅱ)エビと椎茸の油焼き
Ⅲ)かぶと干し柿の甘酢和え
Ⅳ)白菜と春菊のすまし汁
Ⅴ)デコレーションケーキ

d0020686_202502.jpg

午後:キャップハンデイ・・相手の身になって
障害体験をしましょう……やまびこの会研修部の指導
①アイマスクと白杖
②車椅子…etcそれぞれの学習体験をしながら
障害者にたいしてのエチケットを教わった。
明日の我が身に置き換えて……真剣な2時間だった。 ψ

[PR]
by tadanori_yamasita | 2006-12-18 20:18

気力回復!

12/17<日>
加齢とともに 何ら特別にこだわることもない年の暮れ
無為無策 忍の時間は容赦なく目の前を通り過ぎて行く
巷の喧噪とは全く無縁な炬燵暮しの生活も今日で四日間
どうやら体調も元どうりになったきたようだ
早めの風呂と晩酌で段々と気力も湧いてくる

明日は「学舎」今年最後の登校日
明後日は K君と映画鑑賞の予定
《武士の一分》《硫黄島からの手紙》
どちらも観たいが・・・
その日のコンデーション次第だと。 ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2006-12-17 18:00

忙中 閑 !

12/15<金>
温かな小春日和の一日
今週末は 自宅にてもっぱら安静に努める予定だ

まずは 年賀状の宛先確認をしながら裏面印刷の下準備をする
パソコン任せなので昔に較べれば 随分と楽になる
その分だけ中身も軽く薄いものになったような気がするが

“歳月人を待たず”今年も喪中葉書が3件 あの方も……
と感慨無量な年の暮れ。ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2006-12-15 15:12