一期一会


by tadanori_yamasita
カレンダー

<   2005年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

雨上がる!

10/31<月>
夜来の雨も8時頃には止むも、空は暗雲…不安定な様子。
予報の降水確率10%を信じてグランドへ行く。
既に集まっている会員40名。一人として空模様を気にする
人なし。意気軒昂!
雨も上がり水はけも早く、グランドコンデーション次第に
良くなる…今日もまずまずの成績に帰りの足取りは軽い。
ホールインワン1本記録:10月累計は5本となる。

午後からは、《市政モニターの会合》に出向く。 
市の活性化 関連資料が多々あるも、二時間の討議に対し
何れも総花的で消化しきれない。後日の宿題と理解する。
モニターの関心は«家庭ごみ収集制度»と«住民のマナー»
に集約される……有言実行の人々の口調は厳しい。
行政の指導も然ることながら、資源のムダ遣い・自己愛に
埋没し他人の痛みを理解できないの人々への意識改革が
先決問題であると……自分への反省を含めて私は思う。
時代の変遷に民主主義の原点に戻る難しさを痛感する。

閉会後「周望学舎」での同期生T女史と半年ぶりに再会。
この【マイブログ】に関心を示してくれる貴重な理解者の
おひとり。
喫茶店で暫し歓談……老いの愚痴に付合って頂く。

明日は「学舎」。
今の生活にとって年長者大学校の存在は、私の大切な
活力源の一つである。
これも、時代を見据えた行政の先行投資と理解しながら
大いに利用させて頂いている。  ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2005-10-31 12:23

来週の予定!

10/30<日>
ノンビリとした日曜日。
朝からTV漬け……この休息も今日まで。

明日31日<月>午前中:GGの練習日。
午後は「市政モニターと局長の語る会」に出席予定。
〜小倉リーセントホテルにて〜

11/1<火>:「学舎」。
11/2<水>〜11/4<金>
《朝倉》行き…孫の七五三に招かれて。  ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2005-10-30 14:13

晩秋!

10/29<土>
朝からの雨模様に、今日は足止め。
この季節、山茶花の薄ピンクの花々が、我が庭に彩りを
添えてくれる。
花蜜を求めて、揚羽蝶や働き蜂が盛んに飛び交う姿が
見え隠れする。あちこちに張られた大きなクモの巣。
青い蜜柑の実。赤い柿の実まばら。
竹林の土手に咲くつわぶきの黄色い花。
探せば、窓から視る晩秋の風物詩にも事欠かない。

そんなこんなで初冬の気配が、早足で忍び寄って来るのを
肌に感じる今日この頃なり。  ψ       
[PR]
by tadanori_yamasita | 2005-10-29 12:24

晩秋!

10/27<木>
絶好のゴルフ日和。
GGのラウンド後半は、汗ばむ天気。公園周辺の晩秋風景を
楽しみながらのプレーは、意外と疲れを感じない。
ホールインワン一本記録……まずまずのスコアーで終る。
10月累計4本。

夕方は、中央町のS司法事務所で在幡高校同期生の集まり。
一年一度の会報発送のお手伝い。
後の飲食も恒例〜残るは誠鏡会と当日の同期会のみ。

明日は、周望(教養生活)のOB親睦行事の打ち合わせ会。
あれよあれよで一年の終わりが、段々と近づいてくる。ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2005-10-27 13:58
10/26<水>
今朝は、何故か気だるい。
8時に起床。10時過ぎT病院に薬を取りに行く。
血圧も、いつもより高いが、先生は平然と言う。
“季節の変わり目…心配ない”とキッパリとした口振り。
先生の言葉は神の声、自愛の気が湧いてくる。
のんびりと落ち葉焚きで、午後のひとときを迎える。ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2005-10-26 14:55

学んでいます!

10/25<火>
「学舎」行き。
朝一番のホールルームは忙しい。
先週末の大学祭の総括・来月の修学旅行・忘年会
アンケート等々と話題豊富で、皆の顔は輝き楽しそう。

午前中の講義:火野葦平とその作品  ②
前回の講義と同様にボソボソと途切れがちの口調では
作家の魅力は語れない。
高齢で、しかも病気を抱え記憶・視力・歩行も困難な
様子で痛々しい、明日は我が身か!
葦平の研究者としての使命感が僅かに伝わってくるが…。

午後:教養の日本史 ③
Ⅲ 戦いの京から庶民の文化  —室町社会の町衆—
観応の擾乱(1350年)……応仁の乱(1467年)
農村の変化–郷村制の成立・一揆の発生
町衆の成立〜財力と文化(1500年代)までを一気に。
年代が広範囲で総花的…話に山がなく眠気が頻り。
前二回の講義の時よりも歯切れも悪い…睡眠不足かな。
それでも、午前中の講師と同年齢(80歳)らしいが、
三宅教授は随分と健康的で矍鑠の差の違い感じた。

18時からは、男性料理教室。
*メニュー
①いなりずし
②牛肉とピーマンの炒め物
③ほうれん草としめじの煮浸し

北村先生の指導料理は、経済的で美味なり。
いつも生徒に評判がいいので、会も和やかに運営
されている。
会計責任者としても大いに助かっている次第なり。ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2005-10-26 14:08

のんびりと!

10/24<月>
明け方は冷え込むが、日が高くなる程に暖かくなる。
GGの練習日……今日は、何故か終止エンジンが
かからなかった。   不調の一言。

「学舎」の大学祭も多大の収穫を納めてやっと終了した。
二日間は学舎内に缶詰状態でウロウロして時間を潰す。
役割分担もどうにかこなしたが、人混みと気疲れで
何となくグッタリした。
その虚脱感からか、昨夕から今朝にかけて、今一つ
気合いが入らない。

午後からは読書タイム。【流れるを斬る】古川 薫著で
気分転換を計る。
夜は、炭火焼 鰹のたたき で一献。忘憂の物としたい。 

明日は「学舎」・「男性料理教室」の予定。ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2005-10-24 15:25

大学祭その2!

大学祭スナップ①
d0020686_1612275.jpg

d0020686_161212100.jpg

d0020686_1614532.jpg
ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2005-10-23 16:15

大学祭その1!

10/22<土>〜23<日>
北九州市立穴生学舎の大学祭。
年長者研修大学校穴生学舎の研修生が日頃の学習成果を
発表するとともに、研修生相互ならびに地域・世代間の
交流を図る催しである。

穴生ドーム・穴生学舎でアトラクションや作品展示を含め
色んな催事が計画されているので、両日共参加する予定。
穴生学舎では、初めての体験なので興味津々で迎える。ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2005-10-21 11:00

冬に備えて!

10/20<木>
午前中は、GGの練習。
もう、長袖のスポーツシャツだけでは肌寒い。
連日好天のため、グランドは乾燥し過ぎて小石が目立つ。
ホールを狙うも、小石に邪魔されて行くへ定まらず苦戦。
皆条件は同じだが微妙に違う…最後には矢張り差が出る。
当然ながら、集中力と練習を続けた人には勝てない。
特記事項なしの不本意な成績に終るも、これからの体調
維持には、それなりの効果ありと自己評価をする。

昨日今日の午後は、切り花の苗植えを準備するために、
プランター利用の土造りをした。
耐寒性のあるカンパニュラ:ゴデチヤ等々の苗を、店の人に
奨められて買い求める。
“丁寧に育てて花を咲かせて下さい”と激励された。
開花は、来年の初夏〜厳しい冬越えへの道連れぞ。 ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2005-10-20 16:40