一期一会


by tadanori_yamasita
カレンダー

<   2005年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

もはや 秋!

9/29<木>
今日は、GGの練習は取り止め。
Y区長杯を争う地区大会に会員30名が動員された。
M競技場に210名位が集まり、日頃の練習成果を競う。
陽射しは強くても、さして汗も出ない………
時折に吹く風も心地よい。
木陰で食べた弁当と冷たい缶ビールは格別の味。

ゴルフの成績は?と問われれば…結果は平凡なスコアー。
鍛えた人には勝てず追い付けずの3ゲームでしたが、
我が会の事務長が3位入賞!会員の祝福にニンマリ。
笑顔がとても爽やかでした。
スポーツの秋を実感しながら貴重な一日を過ごす。ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2005-09-29 16:45

実りの一日!

9/27<火>
『学舎』の日。
午前:午後とも、大学祭準備の為のホームルーム。
最終段階を向かえ意見続出……実行委員達の勢力的な
動きに刺激され、全員参加の機運が盛り上がる。 
準備万端、後は当日のお楽しみ!
大学祭は、10/22<土>〜10/23<日>に開催される。

夕方は、男性料理教室。
*メニュー
①鮭ときのこのホイル焼き
②レバーのしょうが煮
③トマトときゅうりのサラダ
調理時間が比較的に短くて済み、早目に出来上がる。
試食時間もタップリとれ、次回は松茸ご飯とお吸い物との
リクエストがあり、秋の味覚に話題が盛り上がる。  ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2005-09-28 15:02

彼岸明け!

9/26<月>
今朝は、GGの定例コンペ。
この季節、空は澄み渡って高く晴れ、風も心地良し。
絶好のスポーツ日和に、会員各々が闘志を秘めての
ニコニコ顔。
早寝早起き…体調を整えての参加に全くの迷いなし。
ゲームに集中……大きなミスも無かったが、上には
上がいるもんだ!
表彰台には昇れないが、参加者45名中のベストテン
には入っていることだろう。 
その上、指定ホールでホールインワンも実現出来た。
本日は、これで«良し»とする。

明日は『学舎』〜男性料理教室通いの予定。 ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2005-09-26 14:17

昨日・今日・明日!

9/25<日>
今朝の目覚めも、いつもと変わらず6時。
昨日の疲れはとれているので、寒菊の苗を鉢植えする。
秋の気配は肌に優しく心慰める。

昨日の麻雀は、完敗! ツキに見放されたゲーム展開。
長時間(9時間)にわたる熱戦に耐えた自分を誉めたいが、
闘志の空回りで切歯扼腕の一夜だつた。   

明日は、GGのクラブコンペ……体調を整えて!   ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2005-09-25 10:22

アル中ハィマー?

9/23<金>
孫娘は、三連休を利用して『武雄』に帰省中。

私といえば、このところ昼はゴロ寝が中心の生活で、
晩酌を飲めばこれまたすぐに熟睡する。
TV・パソコン・読書・の繰り返しで、目も疲れ気味らしい
……すぐに眠たくなる。
「アル中ハィマー」???と自己診断する。

折よく、明日の昼《麻雀》のお誘い電話が掛かる。
正に«旱天に慈雨» OKの二つ返事!
【マイブログ】更新の気も湧いてきた。 ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2005-09-23 15:53

あとナンカイ!

9/22<木>
残暑きびし。
暑さの果ても彼岸まで……とか。
四季の移ろいの中で育った75年、このところ季節の
変わり目には、ちょっぴりの感慨を覚える。
いま、これといった致命的な病気の告示を受けては
いないが、あと何回位《彼岸》を迎えられのるかナと
思えば、昨日今日の暑さはさして苦にはならない。

午前中は、GGの練習日。
前半の2ゲームは、大きなミスも無く順調だったが、
休憩後の1ゲームは、力の衰えか集中力不足が目立った。
老化現象は、ゲームにも非情なり。      
しかし、夜の晩酌…
乾い体には新発売の酵母ビールは旨い筈だ。

昨日‐21日<水>
予定なく…終日家でブラブラする。       ψ 
[PR]
by tadanori_yamasita | 2005-09-22 16:32

興味は尽きず!

9/20<火>
「学舎」の日。
午前中:火野 葦平とその作品  ①
火野 葦平資料の会 会長 鶴島 正雄氏
地元、若松出身作家:火野葦平のひととなりと、
その時代背景を病後のせいかボソボソと語る。
かつての文化人も高齢(80歳)には勝てずか……。
作品紹介は後日。
「糞尿譚」で芥川賞の受賞作家。
「麦と兵隊」「土と兵隊」「花と兵隊」の兵隊三部作も
大評判だったらしい。
私には、読む時期を逸した作家だが…地元再発見の
意味合いから振り返るのも可なりと思う。

午後:教養の日本史  ①
北九州市立大学 名誉教授 三宅 英利氏
目次 Ⅰ  女王は原始の霧の中に —邪馬台国の所在

今からおよそ千七百年前、この日本に邪馬台国という
国があり、卑弥呼いう女王が治めていた…という事の
謎解きの話から始まる。
『魏志倭人伝』を中心にしたダイジェスト版、スケールの
大きい歴史の謎は、2時間の講義では語り尽くせない。
消化不良のうちに終わるも、教授の話は人を逸らさない。
また一つ、好奇心の糸口を頂いた。

昨日は、祝日《敬老の日》GGの練習もお休み。
終日、TVと読書、パソコン三昧でした。    ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2005-09-20 21:39
9/18<日>
«高階で 皿倉並び 月と飲む»
集まりしは、高校同期生18名:夫人7名=25名。
新築1年余のマンション最上階での披露パーテイ。
折からの満月に歓声と気炎を上げ、学生時代に
戻って無邪気な会話に夜は更ける。
中秋の名月を眺めながら、最終バスで帰宅した。

今朝は、久し振りの朝寝坊だった。
朝倉の嫁からメールが届いている……孫が幼稚園で
書いた《爺ちゃんの似顔絵》を添付している。
見れば見るほどに、私の特徴を捉えているのには苦笑。
愛しきかな!である。

午後からは、孫娘と『浜勝』で食事をする。
明日の《敬老の日》に先立つ心遣いらしい。
昼間からの生ビールの味は格別、社会人一年生の
厚意に甘えた。
«永らえば こんな日もある 時も来る»   ψ 
[PR]
by tadanori_yamasita | 2005-09-18 14:02
9/17<土>
昨日今日・午前中は、庭仕事に専念する。
木陰を求めて伝い歩く渡りの作業、カラットした空気に
身も心は爽やか〜流した汗に健康の有難さを知る。

午後は、昨夜の「会社OB会」資料を見ながら
暫しのうたた寝。

昭和は遠くなりにけり。3年振りの会合に上司や後輩の
懐かしい姿に接し〜«俺も、まだ生きているヨ»と
カラ元気をアピールする。良い酔い宵のヨイ…でした。

今夜は、友人宅マンションの12階ベランダで月見の宴。
月と友と一緒の酒は、また一段と美味いことだろう。
 ゴクンと喉が鳴る♪♪♪             ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2005-09-17 08:39

十五夜近し!

9/15<木>
今朝は、GGの練習日。
残暑とはいえ、時折に吹く風に秋を感じる。
本格的なスポーツの秋の到来に、それぞれがエンジンの
調子を上げ真剣に取り組んでいる。
ホールインワン・一本を記録。他に特記事項なし。

このところ、刈り残しの芝生や伸びた草があちこちに
目立つので草刈りを計画する。 花の出番をも飾りたい!
当分、朝昼は庭仕事、夕焼けに鎌を研ぎ明日に備える。

秋の夜は、酒を飲む《会》の案内も重なる……嬉しい悲鳴。
皆が、老いゆく日々に『今』の誘いは断わりたくない。
楽しみの[朝倉]行きは、10月の幼稚園運動会迄お預け。
待ち長い〜ナ   ψ
[PR]
by tadanori_yamasita | 2005-09-15 15:59